漢検ラーニングの特長

漢検ラーニングは、共同印刷グループが、公益財団法人日本漢字能力検定協会と共同で提供する、スマートフォン・タブレット端末向け学習アプリケーションです。

■ アプリのダウンロードはこちら
iPhone・iPadをお使いの方 Androidをお使いの方
AppStore QRコード GooglePlay QRコード

図版1①電子書籍形式のアプリとなっていますので、本と同じように始めたいところから始め、途中で終えることもできます。

図版2②実際の検定問題と同様に縦書きでの表示、また、書体も検定問題と同じものを使用していますので、正しく漢字を学べます。

図版3③画面に文字を書きながら問題を解いていくことができますので(長文問題を除く)、高い学習効果が望めます。

図版4-1図版4−2④問題をタップすると標準解答が同じ画面に表示され、気になるページには「しおり」も差し込み、後から見返すこともできます。

図版5⑤標準解答と答え合わせをし、画面左のボタンで、正解、間違い、要チェックの履歴を登録できます。それらの正誤結果は画面右上に表示されますので、後で見返したときに、できなかった問題が一目でわかります。

図版6⑥画数の問題では、「次の画数を確認する」機能がありますので、筆順に沿って全ての画数を学べます。

図版7⑦問題集毎の学習の進捗を確認出来ます。進捗率はバーで表示され、達成率や正答率も確認できますので、学習を進める目安として活用できます。

図版8⑧漢検ラーニングでは、無料のお試し問題を解いて実力を診断したあと、平成24年度に実施された漢検7級から1級までの全ての検定問題から、欲しい問題だけをお求めやすい価格で購入(ダウンロード)して、学習していくことが出来ます。

図版9⑨ダウンロードした問題は、あなただけの本棚に収納されます。
会員登録・ログインすれば、合計5台までの端末で本棚を共有して利用することも可能になります。

問題集について

検定は、年に13回実施(準1級と1級は3回のみ)されており、本アプリでは、平成24年度に実施された7級から1級までの全ての検定問題に取り組むことができます。
なお、13回の検定問題をそれぞれ第1回(4回分)、第2回(5回分)、第3回(4回分)と一括りにして、それぞれ実施順に問題を並べています。

◆お試し版【無料】問題集

図版10「漢検ラーニング」では、平成24年度に実施された検定問題のうち、7級から2級までの各級1回分の問題を、無料でダウンロードして、学習することが出来ます。
最初に、ご自身がどの級を目指せば良いのかを把握するためにも、お試し版【無料】問題集で力試しをしてみてください。それぞれの表紙に、検定時間と合格の目安である正解率を表示していますので、参考にしてください。
まずは、お試し版【無料】問題集をダウンロードして、本棚に収納し、学習を始めましょう!

現在、「漢検ラーニング」では、以下のような問題集を有料でご提供しています。

◆各級毎×各カテゴリ毎問題集 ※有料

試験問題の出題内容・形式から、以下の14のカテゴリーに問題を分類してあります。
①読み ②書取 ③共通の漢字(漢字識別) ④送り仮名 ⑤誤字訂正 ⑥部首・部首名 ⑦筆順・画数 ⑧同音・同訓異字 ⑨対義語・類義語 ⑩二字・三字熟語 ⑪四字熟語 ⑫熟語の構成 ⑬故事成語・諺 ⑭長文(読み・書取)

図版11各級毎×各カテゴリー毎の全問題(全13回、準1級と1級は3回)72問題集から、必要なものを購入して取り組むことが出来ます。なお、級によって、含まれないカテゴリーもあります。
第一回、第二回、第三回の公開検定、及びそれらに付随する計10回の団体検定全ての問題を、解くことが出来ます。
お試し版【無料】問題集で実際に解いてみて、もっと取り組みたいというカテゴリーをみつけて、是非ご購入ください。

◆級またぎ(全級)×各カテゴリ毎問題集 ※有料

図版12各カテゴリー毎の全問題を、7級から1級まで全級をまたいで学習できます。
例えば、「四字熟語全問題」には、このカテゴリーを出題している4級から1級までの全ての問題が含まれています。
問題は、級毎に順番に並んでいるので、解きたい級から試していくことができます。
特に興味のあるカテゴリーについて、全問題に取り組んでみたいという方にお薦めします。

◆準1級/1級全問題 ※有料

図版13準1級と1級の全問題(3回分)を販売しています。
超難関問題に、チャレンジしてみてください。